Hapiness Fishing幸せ釣り

笑う門には福来たる、ということわざを聞いたことがありますか。

物事は、思考や概念、自然の事象などすべてにおいて霊的な波動としての電磁的エネルギーから成っています。つまり、あらゆるものが、ちょっとした磁石といえます。
磁石は、その極性によって、引き合う同士もあれば、反発する同士もあります。これがすべての事物にあてはまるわけです。
近年、「引き寄せの法則」などと総称される、霊的なエネルギーの磁力に着目した願望実現メソッドが多く語られるようになってきています。
常識的に考えれば迷信とされやすい考え方ではありますが、これは霊的な事象の流れを観られるようになると、原則的には正しいことが理解できるようになるでしょう。
(ただし、引き寄せの法則について書かれた、世に出回るすべての説、書籍の内容などがそれぞれどのくらい正しいかは追いきれませんし、玉石混交なのは世の中のあるあるともいえます。情報の質は自己責任でどうにかするしかありませんし、仮に誰かが間違った知識を説いたとしても、だからといって引き寄せの法則というものがそもそもこの世に存在しない証拠にはなり得ないのではないでしょうか)

このクラスでは、魚釣りのように、狙った人や物事、状況などを、釣る方法を学びます。

ポイントは、餌。

いくら魚釣りの名人でも、餌をつけずに釣るのは難儀です(疑似餌での釣り名人もいるかと思いますがここでは除外します、霊的エネルギー事象の例えとして魚釣りを用いたので)。

どういうことかというと、たとえば福々しい人や物事、状況を引き寄せたければ、まず餌として、自分がその福々しいエネルギーを餌として放つのが手っ取り早いということです。

このことはつまり、自分が餌を用意できないものは釣れないということでもあります。(少なくともこのクラスで学ぶ技法では)

裏を返せば、思考や概念などの波動エネルギーをエッセンスとしてだけでもあらかじめ自分のほうで獲得しておき、この講座での釣り技法を駆使すれば、そのエッセンスが満ち満ちた人や人々(の集う場)、状況などを引き寄せることができるということです。
(もし仮に、自分がまったく引き寄せる対象に馴染める要素をエネルギーとして持たなくても引き寄せはできたとしましょう。でも、せっかく一度は引き寄せたところで、その人や人々、状況に馴染むことが全然できなければ、『一度、鉢合わせたっきり付き合いのない他人』どまりです。それってあんまりだと思いませんか)

釣るというと表現が略奪や騙すニュアンスを感じて嫌悪感を感じる方もいるかもしれませんが、(その人が勝手に抱いている、悪い)単語のイメージにどうかひきずられないでください。
上記のステップを踏んで引き寄せを行う場合、そこにはべつに何らの(黒)魔術的な、不当に誰かに損害を与える要素がないことを思えるのではないでしょうか。
(餌に食いつきたくなければ食いつかなければいいだけのことです。本当に針で喉を刺して釣り上げる釣りとは違い、引き寄せられてきた人や場、一度は生じた状況は、べつに針で刺されることも、だまし討ちを食らって釣り上げられ命を奪われ食べられてしまうこともありません。引き寄せのための釣りは、あくまで出会いのきっかけを霊的エネルギー面で能動的にお膳立てする、という程度のことにすぎません←それが一般常識からしたらありえない、また超感覚を開花させた人々たちからしても『スンゲエ』ことになるからこうして講座を提供している次第です)

 

■受講要件:マルチプルアバンダンス上級修了者であること

■受講料金:講座を開催する認定ファシリテーターにより自由に設定されます。個別の開催情報をご確認ください。

■受講に要する時間:講座を開催する認定ファシリテーターにより自由に設定されます。