このWebサイトについて

このページは、Celestie.jpが提供する、セラフィムブループリントのための特設サイトです。

ここではセラフィムブループリントの概要を説明するとともに、そのエネルギーシステムを学ぶ講座(『ワークショップ』と呼びます)の開催日程を告知しています。

ワークショップは受講生1名から開講可能です(最大人数に制限はありません)ので、このサイトで告知された日程以外でもご希望の日程があれば柔軟に対応させていただきます。

ティーチャー認定証

Celestie.jpの主宰、usamimiこと吉原まさるは、創始者ルース・レンドリーから正式にセラフィムブループリントの全レベルの指導・エネルギー伝授権限を認定されています。

受講のご案内

メールはこちらまで

メーリングリスト

ワークショップ開講の提案・一緒に受講する人を募るといった目的でお使いいただけるメーリングリストを用意しました。どうぞ登録のうえ、ご活用ください。

メールアドレス

上手なメーリングリストの活用法については、こちらのページをお読み下さい。

セラフィムブループリントとは、天使の階級のなかで最上位に位置する「セラフィム(Seraphim)」が編み出したエネルギーシステムです。

※ちなみにセラフィムは複数形で、単独の最上位天使を指す階級名は「セラフ(Seraph)」です。

セラフィムブループリントの由来

このエネルギーシステムは、古くはアトランティスの神官たちの間で「Ecumachii(エキュマチャイ)」という名で受け継がれ、人間の霊的成長と願望実現のために役立てられてきました。(そのあまりの効果の大きさのため、当時は神官以外の人間にはその存在さえも明かされることのない秘儀とされていたようです)


しかし、アトランティスの崩壊後、数千年間にわたってこのエネルギーシステムの存在は人間たちの間で忘れ去られることとなり、ごく一部のミステリースクールやスピリチュアルな団体がかろうじて断片的にその知識を伝承するのみとなっていたのです。


ruth後にセラフィムブループリントの創始者となるルース・レンドリー女史(写真右)は、自らのスピリチュアルな探求の旅において偶然、このエネルギーシステムの断片的な知識に触れることができました。


その後、レンドリー女史は長い年月をかけてこのエネルギーシステムの復興に尽力し、ついにエネルギーの創造主であるセラフィムの1人とのチャネリングに成功。(レンドリー女史自身、その瞬間になって初めて、このエネルギーシステムがセラフィムによって創造されたものだということを知ったそうです)


そのセラフとの対話を通じて「Ecumachii(エキュマチャイ)」を現代に完全な形で復活させ、あらためて「Seraphim Blueprint(セラフィム ブループリント)」と名づけました。
⇒このエネルギー創始の経緯は、彼女の著書「 セラフィム・ブループリント(日本語翻訳版)」、「Seraphim Blueprint(英語原書版)」に詳しく掲載されています。

セラフィムブループリントを学ぶには

セラフィムブループリントがエネルギー“システム”と呼ばれるのは、単純に何か1つの効果を持つエネルギーが存在するのではなく、全部で11の性質の異なるエネルギーが互いに影響しあって有機的に機能する仕組みを持っているからです。


ルース・レンドリー女史は、セラフィムブループリントを構成するこれら11のエネルギーを6つのレベルに分け、段階を踏んで人間が学べるようにカリキュラムをデザインしました。


また、多忙な現代人にも無理なく学べるよう、各レベルは1日(約8時間)もしくは2日のワークショップを受講するだけで習得できるように配慮されています。
(レンドリー女史が瞑想により長期間かけて習得したエネルギーを、アチューンメントと呼ばれる方法で効率的に伝授します)


なお、レベル1の受講生には、後述する「オープナー」が贈られますが、こちらはワークショップを開催後にティーチャーである私からルースに作成を依頼します。その点をご了承ください。


各レベルで習得できるエネルギーとその性質・効果については以下の各ページをご参照ください。

Celestie.jpではレベル1〜6のすべてのレベルのワークショップを受講いただけます。


その他、Celestie.jpでワークショップを受講されたことがない方、どのティーチャーから受講しようか迷われている方、セラフィムブループリントについてもっと詳しく知りたい方などにもできる限りのアドバイスを提供します。


お気軽にメールにてお問い合わせください。


ご自身のスピリチュアルな学び、現実社会での願望実現のサポートツールとして皆さんがセラフィムブループリントのエネルギーを効果的に活用していけるよう、Celestie.jpは尽力していきます。

ワークショップの受講料金について

ワークショップの受講料金は創始者により一律に規定されており、

  • ワークショップが1日で終わる場合(レベル1、2、3、4を1日でやる場合、5)……27000円
  • ワークショップが2日で終わる場合(レベル4を2日間でやる場合、6)……43000円

となります。


エネルギー伝授の効果としては、対面も遠隔も同じです。


遠隔ワークショップの場合は、電話やSkypeなど、なんらかの通信手段でティーチャーとコミュニケーションをとれる状態を維持して行います。(msnメッセンジャーやYahoo!メッセンジャーで接続することも可能です)
ワークショップ開催中はずっとその回線を繋いだままにしておくことが必要となります。そのため、できる限り固定電話またはブロードバンド接続のインターネット環境下でのSkype接続をお願いします。通話料等、通信にかかる料金は受講生の負担とさせていただきます。
(電話だと通話料が高額になることが予想されますので、無料で通話できるSkypeの使用を推奨します)
もしどうしても携帯電話をご使用になる場合は、電波が途切れる心配のない場所からの通話をお願いします。


対面ワークショップの開催時に、遠隔地から電話やSkype、メッセンジャーをつないで遠隔で参加することもできます。
(ただし、Skypeやメッセンジャーを使えるかどうかは、ワークショップの開催会場にインターネットの接続環境があるかどうかに依存します)

ワークショップ開催会場について

ワークショップの開催場所は、都内を中心に、レンタルサロンや公共施設、場合によっては個人宅など回によって異なります。


都内だけでなく神奈川県や千葉県など首都圏近郊、伊豆高原などのリゾート地、関西や九州、北海道、沖縄といった出張ワークショップを行うこともあります。


申し込む際には、ワークショップ開催日程に記載されている場所を間違いなく確認してください。

ワークショップ当日のスケジュールについて

ワークショップは基本的に、午前10時にスタートします。終了は18時を目処にしていますが、当日の進行状況により若干、前後します。
(次に予定があるので定刻に終えてほしいなどご要望がある場合は言ってくだされば配慮します)


ワークショップ中は、


エネルギーの説明

瞑想によるアチューンメント(10分程度)

アチューンメントにかかった時間の2倍の時間の休憩
(休憩中は、軽食を食べたりおしゃべりをしたりして安静に過ごします)



という流れを繰り返します。


なお、1つのエネルギーのアチューンメントは1回で終わるわけではなく、複数回(平均して4,5回程度)に分けて行います。
レベル1だけでも、合計で13回のアチューンメントがありますので、覚悟して参加してくださいね^^


途中、昼休みを1時間、確保します。


その間は各自、自由行動とします。
なお、会場での貴重品の管理は自己責任でお願いします。

オープナーについてdsc01212

セラフィムブループリントのレベル2を受講する方には全員、「オープナー」と呼ばれる石が手渡されます。
(右の画像は、usamimiのオープナーです)
オープナーには、創始者であるルース・レンドリー女史が直接、受講生1人1人のエネルギー状態を遠隔リーディングして、その人のためだけにプログラミングされたエネルギーが封入されています。

オープナーは皆、卵型をした手のひらサイズの石ですが、材質や模様、色みは人によって異なります。


ほとんどの人が、自分のオープナーを見た瞬間に、まるで自分の子供を授かったときのような愛着を感じるようです。
また、オープナーを握ったときに、まるで石が燃えているかのような“熱”を感じる人も多くいます。
(不思議なことに、他人のオープナーを握って熱いと感じたという人を見たことがありません。自分のオープナーを握ったときだけに感じる現象のようです)
自分の霊的成長にしたがって、オープナーの色みが変わる、光沢を帯びるといった変化が起きる人もいます。


オープナーを手にした後は、1日に1時間までを限度に、利き手に持って瞑想することができます。
(それ以上の時間、オープナーを持ち続けるとエネルギーをオーバーロードすることになり、人によっては興奮がおさまらず全然眠れなくなる、酷い疲労を感じるといった症状が起こるので注意してください)


この瞑想は、自分の霊的成長と、セラフィムのエネルギーを使いこなすためのスピリチュアルな習熟を助けてくれます。


オープナーは、レベル2のワークショップ開催後、ルース・レンドリー女史に作成を依頼します(ルースが作成後、オーストラリアから郵送します)。
そのため、オープナーが届くのはレベル2のワークショップから1ヶ月ほど後のことになる点をご了承ください。