シータヒーリングについて

このページでは、シータヒーリングの説明およびシータヒーリングを使ったカウンセリング・ヒーリングセッションのご案内をしています。

「頭ではわかっているのに、どうしても変われない自分にうんざりしている」
「これまでずっと、同じような悩みを抱えて傷ついて、の繰り返し。もう抜け出したい!」
「自分が何をしたいかわからず、仕事も生活もどこか不完全燃焼」

シータヒーリングは、このように自分のやり方だけでは答えの見えない悩みを抱えている人には、特に即効性のあるヒーリングメソッドです。


シータヒーリングとは


シータヒーリングは、米国で有名なメディカル・インチュイティブであり、自然療法士でもあるヴァイアナ・スタイバルが開発したヒーリング・テクニックです。ヴァイアナは末期癌に侵されていましたが、自ら開発したこのヒーリングによって奇跡的な回復を遂げました。

プラクティショナーが脳波をシータ波にすることで、直観的な能力を通じて無条件の愛のエネルギーを活用できるようになります。このエネルギーによって、クライアントの方々に心と身体への癒しを瞬時にもたらすことができるのです。


どんなことができるの?


シータヒーリングでできることは無限にあります。無条件の愛のエネルギーには、使用目的に制限がないからです。

そのなかで、代表的な癒しには以下のものがあります。

・肉体的疾患へのヒーリング

⇒ウィルス性疾患をはじめ、さまざまな原因から来る肉体の不調を効果的に癒します。

⇒原因のわからない不調について、原因を特定して有効な解決法を導きます。

・思考パターンの置き換え

⇒今の生活を快適に送ることを妨げているネガティブな思考パターンを見つけ出し、それを置き換えることができます。

⇒思考パターンは、大別して4つの要因(幼少期からの習慣/遺伝/過去世/魂そのものの傷)のいずれかに帰属します。実際に、「自分は暗い性格でもないし仕事もうまくいっているのに、自殺願望が頭から離れず困っている」という方がいます。シータヒーリングで原因を特定していくと、それは祖先から引き継いだ遺伝子に自殺願望を引き起こすDNAが入っていたり、あるいは過去世で多くの人を殺した罪悪感で「自分は罪を償うために死ななくてはいけない」という思い込みを今世に引きずっていることがあるのです。シータヒーリングは4つの要因のいずれに原因があるとしても、瞬時にその思考パターンを、自分が望ましいと思うものに置き換えることを可能にします。

・本来の感情を呼び覚ます

⇒自分の感情を抑圧して生きる習慣がついてしまったり、幼少期のトラウマなどが原因で特定の感情を健全に育て損なったまま大人になってしまった、あるいは生きていくなかでいつのまにか、以前はわかっていた感情を見失ってしまった人に有効な方法です。

⇒一例を挙げると、親から虐待を受けて育った人は、「人から愛されること=殴られ、罵倒されること」だと感覚的に認識していることが多々、あります。そうした人は、恋人の暴力行為を愛情だと勘違いして結婚してしまったり、わざと仕事でミスをして上司から怒られることで安心するといった、不可解に思える行動パターンを繰り返します。

⇒ほかにも、経済的に豊かであるとはどんな感じかがわからない人は、豊かさについての本来の感情を知らないために「お金をたくさん持つと不幸が訪れる」という思考パターンを形成し、わざと貧乏でい続けるように行動したりします。

⇒シータヒーリングは上記のようなあらゆるケースに対応し、「本来の感情」をその人のなかに呼び覚まします。

・守護霊と話す

⇒人間は誰もが、なんらかの守護霊によって護られています。1体だけでなく、役割に応じた複数の守護霊がついているのが一般的です。スピリットガイドなどと呼ばれることもある存在たちです。

⇒シータヒーリングは、これら守護霊と話します。あなたの聞きたいことを守護霊に伝え、答えをフィードバックするお手伝いをします。

・ハイヤーセルフと話す

⇒ハイヤーセルフとは、一言でいえば「高次の自分」です。これは、個別具体的な自分の悩みについて相談する場合に特に有効です。ハイヤーセルフはいわば高次の自分自身なので、「Aを選択するとこういう可能性がある。Bを選択するかどうか迷っているのは、~~だと思っているからだ」と、具体的なアドバイスが得られるのです。

・浮遊霊の除霊・浄霊

⇒浮遊霊は、ウェイワードなどと呼ばれ、死後に成仏できずこの世に留まってしまった霊たちのことです。浮遊霊は生きている人間にとり憑き、生命力を奪います。

⇒浮遊霊にとり憑かれていることで原因不明の病気にかかったり、精神のバランスを崩してしまうこともあります。
「通院して医師の診断どおりに治療を行っているのに一向に症状がよくなる気配がない」
という場合には、浮遊霊を除霊することで急速に回復することもあります。

⇒それまではなかったのに、急にある時期から深酒・過剰な喫煙・浮気・性欲過多などの欲望を抑えきれなくなるといったケースにも、浮遊霊が関係している場合が多いのです。浮遊霊が生前に好きだったこと、解消しきれなかった欲望を、生きている人間にとり憑いてさせているのです。

⇒シータヒーリングでは、速やかに浮遊霊を除霊・浄霊します。

・サイキックアタック(マイナスの思念体による攻撃)からの回復

⇒(生きている)人間が抱く憎しみや嫉妬、恨みといったマイナスの感情は、それ自体が「呪い」として働き、その感情の矛先が向けられた人の心身を攻撃します。

⇒シータヒーリングでは、すでに受け入れてしまったマイナスの思念体を解き放ち、健全な光のエネルギーで満たすことができます。

・ソウルメイト(精神的・霊的成長を共にする友人/人生の伴侶)と出会う

⇒願望実現の1つの代表的な例です。自分と相性のよいソウルメイトと巡り会うことを、全宇宙に呼びかけることで実現します。(実現には多少の時間がかかる場合があります)

・心の置き忘れ(ソウル・フラグメント)の解決

⇒かつての恋人同士のように、強い感情エネルギーを交わしあっていた人間同士は、自分の感情エネルギーの断片を相手のエネルギーシステムのなかに残している場合があります(これを『心の置き忘れ』と呼びます)。

⇒心の置き忘れがあると、恋人としては別れて何年も経つのに相手への未練が消えない(=相手のエネルギーシステムに残したままの自分の『心の置き忘れ』が気がかりなだけのこともあります)、また逆に自分のエネルギーシステムに他人の心の置き忘れがあることで違和感を感じたり、相手からいつまでも付きまとわれることもあります。

⇒シータヒーリングでは、過去生も含めて、自分が他人に残してきた心の置き忘れを回収します。魂の断片が自分のところに帰ってくるので、以前よりもパワフルに、自分という存在が完全になった感じがするでしょう。

⇒また、自分のなかにある、他人の心の置き忘れを取り除きます。自分のなかにある「異物」を取り除くことで、自分自身のエネルギーの流れがスムーズになります。また、自分のなかに心を置き忘れた人との腐れ縁も解消されます。

・願望を実現する

⇒シータヒーリングは、エネルギーは物質に転化することができるという考え方に基づいて、クライアントの願望実現をサポートします。
(注意:願望の実現にはさまざまな要因が絡むので、魔法のようにすぐなんでも願いが叶う、と勘違いしないでください。その願望を実現するにはどんな方法が望ましいのか、何が実現の妨げになっているのかを、超感覚的な見地からコンサルティングするという意味合いに近いです)

・将来を予知する

⇒今現在の状況で時間が経過したら、という前提で、もっとも起こりうる将来の在り方をビジョンとして映し出します。

⇒ただし、今のまま状況や物事をとりまくエネルギーバランスに特に変化がなかった場合の、もっとも起こりうる可能性の1つを見る、というのが正しい言い方です。
「絶対に何がなんでもこういう未来が待っていて変えられない」
ということでは決してありませんので、その点をご了承ください。

・若返り(老化を引き起こすDNAを不活性化させ、若さを保つDNAを活性化させる)

⇒あえてここでは詳細を述べませんが、人間の遺伝子のなかには、恣意的に生命体を弱らせる働きをするよう組み込まれたものがあります。また逆に、本来は肉体を若く健全に維持する機能を持つDNAが不活性化させられたりしています。

⇒シータヒーリングは、人間のDNAを変化させることができます。

⇒なかでも、老化を促進するDNAの不活性化と、若さを維持するDNAの活性化はシータヒーリングのなかでも、代表的なメソッドとして確立されています。

その他、ダイエットをしたい方や、人見知り・あがり症などの悪い癖を解消するなど、シータヒーリングはさまざまな悩みに対応できます。

【注意:シータヒーリングは医療行為・診断行為のいずれにも該当しません。また、確実な効果を保証するものでもありません。ご自身の判断で活用ください。】


セッションについて


Celestie.jpでは、メールや電話を使った遠隔でのセッション各種に対応します。
⇒詳しくは、「セッションのご案内」をご覧ください。

ページ上部へ戻る