「掘り下げや解放までして下さったので本当に軽くなりました」(まなざしセッションのご感想)

認定ファシリテーターのカネコケンタロウです。

2018/7/7-13に開催の「まなざしエージェントによる、願望実現を支援するセッション」のご感想をいただきましたので、匿名にてご紹介させていただきます。

本日は本当にありがとうございました。

まなざし、は波動浴のようなものかなと思っていたのですが、掘り下げや解放までして下さったので本当に軽くなりました。
いつも心のどこかに持っていた思い。今日解放して下さるまで、それが重たいものだとは気づかなかったです。
解放されて初めて、今まで重みを感じていたことに気づきました。
焦燥感、背徳感、どこから来てるのかわからない孤独感。
これらの出所を丁寧に誘導して下さり、息詰まることなくセッションに臨むことが出来ました。

一番驚いたのが、今朝パートナーシップについて考えていた所そちらの方まで!
エネルギー状態を整えて頂いたので、行動も加え、願望達成にむけてまい進します。

また一ヶ月後、報告させていただけるのを楽しみにしています。

また宜しくお願い致します。

すばらしいセッションを本当にありがとうございました。

「まなざしエージェントによる、願望実現を支援するセッション」では、

お客様がお持ちの願望が叶いやすくなるように、各種存在たちからのまなざし(と称する、お客様に対する願い・祈りとして送られるエネルギー)を増幅したり、願望実現を支援するまなざしをお送りする

ということを行っていきます。


ご感想をくださった方のセッションでは、まず、お客様に送られているまなざしを観ていきました。

そこで、

「願望を実現するよりも、女なのだから早く家庭に入るべき」

というまなざしがお父様から送られてきていて、それが願望実現を阻害していることが観えてきました(このまなざしが観えたことをお伝えしたところ、実際に似たことをお父様から言われたことがおありとのことでした)。

だからお父様が悪い……となるわけではなく、むしろ、

「『願望を実現するよりも、女なのだから早く家庭に入るべき』というお父様からのまなざしを真に受けてしまっているのはなぜか?」

というところに焦点が当たりました。

そして、対話を通じて、「私は孤独だ」という思考が根底にあるのを見つけました。

さらに、この「私は孤独だ」という思考が、すでに周囲の存在たちから送られてきている支援のまなざしを受け取ることを難しくしていることも観えてきました(←「願望実現を支援するまなざしをお送りする」という働きかけをする上では、ここは解消しておくのが望ましいポイントであるとお分かりいただけると思います)。

この思考を持っているメリットや学びを明らかにした上で、

「私は孤独だ」→「私は周囲の存在たちから護られ支えられている」

という方向性で(マルチプルアバンダンスとは別に)思考の置き換えを行いました。

これにより、自分が孤独だという認識が解消。

また、あらためてお客様に送られているまなざしを観てみると、お父様から送られてきているまなざしが「願望の実現に向けて頑張って」という方向性にシフトしていました。

どのようなまなざしを送るかは個々人の自由意思によるので他人が勝手には変えられません……が、お客様のケースでは「『願望を実現するよりも、女なのだから早く家庭に入るべき』というまなざしを双方合意の上でお父様に送ってもらう」という図式が成立していたようであり、お客様が変化したことでこの図式を維持する必要がなくなった→図式が解消してまなざしが変わった、という流れになったようでした。

最後に、お客様の願望実現を支援しているまなざし(とりわけ、守護霊・守護天使・未来のクライアントなどからまざなしが送られてきていました)を増幅し、また願望が叶った未来から現在へと橋をかけるように当方からまなざし、お客様がまなざしをちゃんと受け取れていることを確認してセッションを終えました。

(※実際にはもう少しこまごまと働きかけていますが、ここでは大枠のみご紹介しています)


願望実現を支援するまなざしをお送りするというだけでも非常にパワフルなのですが、せっかくお送りするのであれば、送られてきたまなざしを十全に受け取れる状態になっていただいてからお送りする方がより効果的だと個人的には思います。

そうしたわけで、セッションでは、まなざしをお送りする前に必要に応じて調整をさせていただいております(※調整を入れるかどうかは自分では決めておらず、あくまでリーディングで決めております)。

1ヶ月後、お客様からどのようなご報告をいただけるのかを楽しみにしております。

ご感想をいただきありがとうございました。


「まなざしエージェントによる、願望実現を支援するセッション」は2018年7月13日(金)まで受け付けております。